丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ

天神屋さん×丁子屋?

丁子屋のなかのこと。

昨日10/31に来てくれたのはあの!天神屋さん。

 

食材商社の小倉屋さんからのご紹介でつながったご縁でしたが、なんとそのうちの一人は高校の同級生!
こういう繋がりって地元ならではでいいですよね(^^)/

 

 

で、

 

子供食堂のこととか、マルシェのこととかいろいろ興味深く聞いてくれて。

 

 

一回見学にということで。

 

 

見るだけといわず、「味噌作り」やっていただきました。

岡部の「かど万さん」からいただく生きた糀と、用宗の「あらしおさん」からの塩を混ぜます。

 

 

写真撮り忘れちゃったけど、北海道産の「つるむすめ」という大豆を9時間ゆでて、

 

 

 

その煮汁と大豆

 

そして先ほどの糀を混ぜ、すりつぶします。

 

丁子屋の新人(折り紙師匠)のタケちゃんの指導のもと、味噌作り開始~。

 

 

同級生の野尻君も腰が入ってていい感じ(^^)/

 

天神屋さんたちのスタッフさん同士、日頃の関係性が感じられるとてもアットホームな味噌作りとなりました~。

 

 

半年後、きっと美味しい味噌になるでしょう!

 

 

 

人がつながることで、新たな可能性もまた広がりますね。

 

このつながりがどう広がっていくか。

また一つ楽しみをいただけました(^^)/

11/15とろろ寄席のご案内

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

16回目になる2017年秋の回は、東京、名古屋、大阪の新作派の芸人さんが勢揃い!の昼夜2公演です!

昨今は、落語は古典芸能と言いますが、らくご創生期の江戸の頃は元々はすべて新作だった・・・・ということで、今回は収穫の秋とも因んで、それぞれの地域を代表する新作派の競演をお楽しみください!

 

 

上方落語より~  笑福亭羽光 *笑福亭鶴光門下/落語芸術協会

江戸・東京落語より~  川柳つくし *川柳川柳門下/落語協会)

名古屋落語より~  雷門獅篭
        *雷門小福門下/海演隊(東海地区に演芸を広め隊)

★今回の地元ゲスト 講談・佐野まり遊さん

----------------------------ーー

【 お江戸の雰囲気で愉しめる!とろろ寄席 】
     -第16回-『東名阪・新作収穫祭』編

日時:2017年11月15日(水)
   昼席_13時半開場/14時開演
   夜席☆_18時半開場/19時開演
   (各回上演時間100~120分予定)

会場:元祖とろろ汁・丁子屋_宗長の間

席亭_14代丁子屋当主・柴山広行 *今回も開演の太鼓ほか
案内人_ぬのむらアツシ(らくご笑クササイズインストラクター)

 

▼木戸銭・前売
▽おとな
①早割(10/18迄)¥2,000
②前売(10/19~前日まで)¥2,300
➌当日¥2,600

▽こども(小~高校生まで)
こども¥1,000円 *予約・当日問わず 
*未就学児無料ですが、周囲のお客様にご配慮をお願いします。

 

▼お食事も
お食事券 「本陣」定食
(通常¥2,150➡¥1,600)

※セット御食事券は、お求めいただいた日から次回開催月の前の月の月末(今回お求めのお食事券は1月末)までご利用いただけます。※1枚の寄席チケットにつき3枚までお求めいただけます。

 

▼会場内でも
食べて飲んで笑っていただけます!

お飲み物(丁子屋オリジナル・東海道広重ビール、枡酒など)
助六
おつまみ

 

*切符の取扱やチラシの配布などとろろ寄席サポーター店を募集しています。よろしくお願いします。
*直接メッセージやお電話にてお願いします。
*前売券は開催前日まで発売。なくなり次第、札止めとさせていただきますので、お早めにお求めください。

お問い合わせ・お申込のお電話
054-258-1066(丁子屋)*10~19時/木曜定休

クラウドファンディング目標達成のお礼!

丁子屋と歴史

来年行われる茅葺修復の費用1,400万のうち1,000万円をご支援いただいたクラウドファンディング

目標金額の1,000万円に到達いたしました。

 

 

この場を借りて、ご報告を御礼申し上げます。ほんとうにありがとうございます!
宿場関係の皆様や、お客様、地元の皆様などたくさんの方にご協力いただきました。いくつものミラクルがりました。本当にありがとうございます!

 

丁子屋の421年目の歴史は、皆様の温かなご支援と応援により、新たな歴史をいただきました。

今後も家族や社員のため、お客様のため、地域のため、そして東海道のために精進してまいります。引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

今日は改めて、今回のチャレンジのそもそもの思いをお伝えしたいと思います。

Ready forさんのサイトにも掲載しているものですが、改めてお伝えします。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「どうしても残したい浮世絵の風景」

自分たちは今も昔も「とろろ屋」なのです。

この浮世絵は先代(12代目のじーちゃん)が集めてくれたものです。

約200年前(1833年)に描かれた丸子の風景です。

でも丁子屋の創業は1596年。

ここからさらに237年前にさかのぼります。

 

たぶんその頃も丸子周辺では自然薯が採れていたし、

それをとろろ汁として食べる習慣があったんでしょうね。

そこから400年。

 

 

 

この絵に描かれているのは

とろろ汁をすするお客さん(弥二さん・喜多さんといわれています)

とろろ汁を提供するお母さん(今でいうと自分も含めスタッフさん)

自然薯を丁子屋に売って帰宅途中の自然薯農家さん
(現在20軒の農家さんから自然薯をいただいてます)

なぜこの人が自然薯農家さんなの?って説明はこちらで詳しくしてます。

そして
お母さんの背中には赤ちゃんの姿
しっかりと次の時代が描かれています。

そしてじーちゃんが50年前、移り行く世の中で「丁子屋には歴史がある」と、

この風景を残すために茅葺を移築してくれました。

 

 

 

さらにさかのぼって江戸時代
浮世絵はまだ見ることのない風景や名物に思いをはせ、

「行ってみたいな~」という庶民のあこがれ。

 

では現代はどうか?

 

東海道という名前は鉄道の路線名として一般的になってますが、

本当は人と人が行き来し、そこで暮らしていた場所の名前だし、

今でもちゃんとそこに残っています。

ただ、少しだけ普段の生活とは離れてしまっただけ。

 

広重さんの浮世絵1枚あったおかげで、
丸子(丁子屋)には昔からの風景が今も残り、

旅人やそこで暮らす方たちとともにあり続けています。

で、この絵を細かく見ると上のような今と変わらない風景、

人と人の繋がりがあります。

 

これから先もこれでいいかなと思っています。

 

とろろ汁をひろげるぞ~!って海外へ行かなくても、

東海道があり、江戸時代からの伝統的な製法で作られた鰹節や安倍川餅や

いろんな名物があり、浮世絵にも描かれた風景がまだ残っている。

そして、宿場や沿線、東海道から外れた山や海や
それぞれの地域ごとに「今」をめっちゃ楽しみながら生きている人たちがいます。

そこに暮らす人と、そこを訪れる人。

それぞれがつながり楽しめる空間がこの浮世絵には描かれているし、

いまの宿場にも残っています。

今日は「どうしても残したい浮世絵の風景」のお話しを

お伝えさせていただきました。

だからこその今回のプロジェクトであるということを

知っていただければありがたいです!

丁子屋営業状況

2017年11月24日(金曜)
通常通り営業いたします。
(11:00〜19:00(途中休憩なし)

26日(日)は
丸子せんねんマルシェ
9:00〜14:00
https://www.facebook.com/events/122176581831475??ti=ia

お陰様でクラウドファンディング
目標達成しました。ありがとうございます!
茅葺修復は来年2〜3月
40年ぶりの総葺き替えが始まります。
https://readyfor.jp/projects/tororotokaidochojiya

トップに戻る