丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 丁子屋のなかのこと。
カテゴリー:丁子屋のなかのこと。

連休の長旅にも、道中安全のお札をどうぞ

丁子屋のなかのこと。

いよいよお盆の大型連休が始まります。
目的地に向けて安全運転で楽しい旅をしていただきたいものです。

 

 

そんな願いを込めて
当店でお配りしているのはこちら「道中安全札」。(右)

 

 

実は

その元ネタは当時のガイドブック(宿の案内)の裏表紙にあるデザインなんです。(左)

こちらが表面。

浪花講とは・・・

江戸時代後期には、旅が盛んになり、街道筋には旅籠も増えてくるが、一人旅の宿泊を断る宿や、飯盛女を置く宿なども多く、安心して泊まれる宿選びに難儀する人も多かった。

 大坂玉造で、綿打ちのための唐弓の弦を商っていた松屋甚四郎の手代源助は、諸国を行商していたが、誰でもが安心して泊まれる旅籠の組合をつくることを思い立ち、文化元年(1804)、旅宿組合「浪花組」を結成した。松屋甚四郎が講元、まつ屋源助が発起人となり、三都にそれぞれ世話人を置いた。(「浪花組」は、天保12年(1841)には、名称を「浪花講」と変更している。)

 全国主要街道筋の真面目な優良旅籠を指定し、加盟宿には目印の看板をかけさせるとともに、旅人には所定の鑑札を渡し、宿泊の際には提示するようにした。

大阪府立中ノ島図書館HPより

https://www.library.pref.osaka.jp/nakato/shotenji/43_kou.html

 

つい先日、とても嬉しいことがありました。

 

それは、

ふと信号待ちの列に並ぶとその前の車には・・・

 

 

 

 

すみません、思わず写真撮っちゃいました。
本当嬉しかったです。ありがとうございます。

 

これシールにしたらスーツケースとかにいいかもな?と思いました(^_^)

 

 

こちらは箱根の甘酒茶屋さんちの道中安全札。

 

13代目の山本さんが作ってくれてます。
街道沿いのお店が作った札を、旅をしながら集めていくのも楽しいかもしれませんね。

 

バス停にまで名前が入っている甘酒茶屋さん。
いつもお世話になっております。

 

東海道沿いにある茅葺は丁子屋とこの甘酒茶屋さんと、滋賀県草津宿のうばがもちやさん。
(屋根自体は別の材料で覆われていますが、実は茅葺だということを先日会長さんから教えていただきました。)

現在自分が把握してるのはその3軒です。

 

11月販売開始に向けて、大学生と「むかごどら焼き」(仮)の商品開発

丁子屋のなかのこと。

まずは・・・

 

松永製餡さんによる小豆ではない「むかご100%餡」を使用した

藤枝松田商店さん(真茶園さん)による「生地に自然薯パウダー10%混ぜ込んだむかごどら焼き」(仮)

が届きました!

 

自然薯パウダーは藤枝セイコーエンジニアリングさんによるものです。

皆さんご協力ありがとうございます。

まずは感想。

・どら焼きの生地に自然薯パウダー10%
→実際に自然薯の粘り、香りを感じた。

・餡は小豆ではなくむかご100%使用
→そもそもむかごの味を知ってる方なんか多くはないので、感じるか、感じないかという論点より

➡︎むかご100%という点が今までにないチャレンジ。訴求力になるかな?と思ってます。

 

・賞味期限は2週間
・大きさもちょうどいい。
・生地の味、しっとり感、むかごの餡も全てにおいて今までの試作品で一番良かったのでは。(個人感想)

 

って感じです。

 

 

 

そもそもはこの話

静岡市の事業として静岡県立大学の岩崎ゼミの大学生によるコンサルティング企画「大コン」というもの。
この企画のために県立大学を選んだという学生もいます!

 

 

 

 

大学生とのミーティングの進捗状況です♪

 

現在11月5日の販売開始に向けて動いてます。

 

 

まずはなぜ11月5日なのか???

○商品名について
・毎月5日は「丸子の日」として、そこで毎月数量限定で販売していきたい。
→丸子のどら焼きで「まりどら」
→月ヶ瀬さんの「むかごろう」とセットで販売できれば面白いということで「まり子ちゃん」

などなど。

・地域名を商品名にすることのメリット
➡︎商品が露出する=地域としての知名度も上がるかも?
➡︎地元のお土産として、地元の方が地域外の方に渡すお土産として使ってもらいやすくなるかも?

 

○デザインとしては
「まり子ちゃん」なら薄く透けたどら焼きを人の顔と見立てて、女の子のデザインにしたらどうかな?とか。

 

○商品コンセプトについて
➡現在仮説を立てて店内でアンケートを実施中。

(仮説)

・丁子屋のお土産を買う年齢層が60〜70代女性が多いとすると、そのターゲットの方が手に取りやすい方がいい
・家族に対してのお土産(まり子ちゃんなら孫に対しても渡しやすいかな?)
・ご縁がつながる「むかご羊羹」に対して、長寿のお祝いや日頃の感謝を伝えるような要素もあってもいいかも。
➡︎丁子屋の長く続く老舗というイメージにあってくるのでは?

 

 

 

という感じで話が進んでいます。

 

引き続き店内ではアンケートのお願いをしております。

 

 

次回はネーミング&パッケージデザイン。
どんな内容になるのか楽しみです。

 

駿河和染STANDARD×丁子屋

丁子屋のなかのこと。

①むかご焼酎
②しずおか和牛ローストビーフ

に引き続き
新しいお土産できました!

第3弾
駿河和染STANDARDさん×丁子屋
「丁子紋をあしらった5種類の和染コースター」


座布団はいとう染工さん。

染めものってなんかあったかいですよね。
今回は5人の職人さんにより、それぞれの個性を出したコースターを作っていただきました。¥800(込)

お食事の際座ってもらう座布団のデザイン、
丁子紋をあしらってます。

東海道丸子宿の思い出にいかがでしょうか?

【駿河和染STANDARD】
○深い灰色(松煙):鷲巣染物店さん
○橙色(ゲレップ):城北工房さん
○深い藍色(すくも藍):あいぞめ処桜井紺屋さん
○浅い藍色(すくも藍):いとう染工さん
○えび茶色(渋木):紺友染色工房さん

http://www.surugawazome-std.com/

駿河和染スタンダードさんの最新作。

丁子屋営業状況

8月23日(金)
11:00〜19:00(途中休憩なし)
18:30〜ご飯無くなり次第終了とさせていただきます。ご了承ください。

【営業時間ご変更のお知らせ】
2019.9.2(火)〜
◎平日は月〜水曜日のみ
11:00開店〜15:00ラストオーダーとさせていただきます。
(14:30以降はお米がなくなり次第終了となります。)
◎金・土・日・祝・繁忙期は
11:00開店〜19:00ラストオーダー
(18:30以降はお米がなくなり次第終了となります。)


★7/16〜8/31は
11:00〜19:00ラストオーダーとさせていただきます。
(18:30〜売り切れ次第終了とさせていただきます。)


【椅子テーブル席100席増設しました】
安心してお食事いただけるようになりました。


2018.5月〜2019.
【丁子屋浮世絵展】
「#宿場なう」
➡https://www.chojiya.info/blog/post-1030

トップに戻る