丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 東海道のこと
カテゴリー:東海道のこと

静岡を発信!FIEJAにリニューアル

東海道のこと

今号から「FINDS」 改め 「FIEJA」にリニューアル!

ダウンロード版はこちら↓
https://inshizuoka.com/japanese/fieja_vol.06.pdf

記念すべきリニューアル第1弾はTOKAIDO 特集です。東海道の浮世絵と今をつなげる丁子屋の浮世絵企画展「宿場なう」とのコラボが実現!

宿場なうとは?
https://www.chojiya.info/blog/post-1030


表紙に使っていただいた資料。
江戸時代の旅行雑誌です。

そして、その裏表紙にあるこの「道中安全」を丁子屋と箱根宿の「甘酒茶屋」さんで道中札にしてお配りしています。
(丁子屋・甘酒茶屋➡東海道沿線ではこの二軒にしか、当時をしのぶ茅葺屋根の建物がありません)
https://www.chojiya.info/blog/post-796

店内展示「宿場なう」より

浮世絵の東海道と今の名物&宿場の「人」「取り組み」「想い」をご紹介。
せっかくなので昔も今も楽しんで♪

そしてぜひ、実際の東海道に足を運んでみてください。

今まで➡まだ静岡!(通過するのに車で2時間)
これからは➡東海道といえばまずは静岡!(22宿を楽しんで)
東海道53次の55枚の浮世絵のうち、なんと静岡県は22/55(うち静岡市は6宿)

「なう」な宿場人がつながる#宿場なう

東海道のこと

丁子屋では過去2年、浮世絵をゆる~く楽しんでもらおうと、浮世絵展を企画してきました。

2016 「ボンジュール!浮世絵」

2017 「Born to be 絵師 HIROSHIGE」

 

そして今年のテーマは「東海道53次の今!」を独断と偏見で繋げるべく”宿場なう”という企画を開催中です!

来年2019年にはラグビーワールドカップ、2020年にはオリンピック・パラリンピックを控えた今年。東海道の盛り上がりを感じていただきたい!

53の宿場ではわずかとはいえ、当時から頑張っているお店や、それぞれの地域で活動されている情熱人がおられます。

 

そんなみなさんを、一ヶ月に5宿場づつ紹介していき、1年を通して55宿場を網羅する予定です。

 

 

あの有名な鑑定をしてくれる番組で、55枚全て揃いで5500万円と鑑定された、丁子屋所蔵のオリジナルの版画「東海道五拾三次」とともに展示しております。

東海道はまだまだ歴史を繋げていきますよ!

先日の茅葺完成披露パーティーでも老舗の旦那衆が東海道談義で盛り上がりました♫

見学のみでも大歓迎ですので、ぜひお気軽にお越しくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

最新情報2019年1月展示です。
いよいよ残り15宿!

宿場なう

東海道のこと

先日行った茅葺修復お披露目会。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!遠くははるばる京都、大阪、東京と東海道の人の繋がりの広がりと、確実に上がってきてる熱量を感じました!

最後まで残ってくれた皆さんと、丁子屋スタッフ。一生に一度の機会となりました。

 

 

趣旨としては茅葺のお披露目でしたが、東海道の人の繋がりを強めたいという思いがありました。

 

 

自分だけが知ってるよりも、より多くの宿場の方や、東海道を楽しんでる皆さんが同じ時間を共有できる瞬間にしよう!

 

自分の独断と偏見のみでお声かけできる機会なんか、茅葺修復披露のこの瞬間しかないなと思ったからです。

 

今自分の知ってる範囲内で、世代も地域も超えて、東海道を楽しんでる皆さんに集まっていただけたかと思います。

 

でもまだまだ自分の知らない多くの方がいるはずです。そんな皆様と今後、多分間違いなくお会いできると思うのでとてもワクワクしてます。

 

13代目挨拶。

 

静岡新聞さんが収めてくれた茅葺修復など様子をみんなで振り返りました。

浮世絵伝道師:牧野健太郎さんによる目から鱗の浮世絵おもしろ話!

(世界一と言われるボストン美術館のすべての浮世絵のデータ化をされ、そのデータを拡大してみることで、聞いてるみんなを浮世絵の世界に誘ってくれました。)

 

 

静岡アサヒテレビさん、SBSテレビさんによる取材。これだけ囲まれての取材は人生初でした(^^;

 

天神屋さんガイアフローさん(静岡にできたウイスキー蒸留所)にも出店していただきました。

※お写真撮れずすみません。

 

 

 

左:歴史散策で有名なひげの梶さんこと梶本晃司さん

右:箱根甘酒茶屋、13代目山本ご夫妻

 

 

愛知県よりあつた宮宿会のお二人。

宮宿かるたや日頃の活動のPR!

 

 

老舗和菓子屋若旦那が集まった 本和菓衆(ほんわかしゅう)

関宿:深川屋、服部さん

宮宿:きよめ餅本舗、新谷さん  

京都:井筒八ッ橋本舗、津田さん

 

するが企画観光局:杉本さん

おんぱくで有名なSACLABO大場さん

 

 

 

まだまだご紹介しきれなませんが、とにかく感じたのは東海道はアツイ!

 

商売やりながら、地元の自治会の活動もしながら、地域おこしもしながら。

 

 

これこそ「宿場なう」

 

 

実は来年の2月。

静岡で全国街道交流会議というイベントがあります。

 

そこからラグビーワールドカップ、そして2020年の東京オリンピック。

 

今の宿場に残る建物や歴史、文化。

形として残ってるものは多くはないけど、それでもそこに暮らすみんなの思いはとても熱い!

それに宿場って面白い!

 

これからの東海道に期待してください。

 

 

丁子屋営業状況

2月23日(土曜)
11:00〜19:00(途中休憩なし)
通常とおり営業いたします。


・2月より駐車場トイレ全面改装工事をいたします。ご迷惑おかけしますが、よろしくおねがいします。

【椅子テーブル席100席増設しました】
安心してお食事いただけるようになりました。

第21回とろろ寄席
5月17日(金)
昼席14:00〜 夜席19:00〜
早割¥2,200
前売¥2,500
当日¥2,800

2018.5月〜2019.4月
【丁子屋浮世絵展】
「#宿場なう」
➡https://www.chojiya.info/blog/post-1030

トップに戻る