丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 自然薯のこと
カテゴリー:自然薯のこと

在来自然薯 2019年の種の選抜作業が行われました。

丁子屋の動画

丁子屋で契約農家さんからいただいてる自然薯は在来作物。
とてもデリケートなんですが、その大きな魅力は他の自然薯にはない「香り」そして「上品な粘り」

まずは3年かかって育てられる自然薯栽培の様子をご覧ください。(3分~4分の動画です)

なかじま自然薯園雄一君のところで、丹精込めて育ててくれた静岡県内の農家さんに配るための種。

ざっと一年間を振り返ると

〇3月:種の選抜(粘り・香りの良いものを選抜。次年度のむかご採取用として植えます
(食べるのにはどれも文句なく素晴らしい内容ですが、さらにその中から厳選したものを今春に植え付けます。)

〇5月:選抜された自然薯を植え付け。

〇8月:伸びてきた葉の形や大きさ、その他病気が出てないかを確認。成長途中でもさらに選抜しいていきます。
(この段階で多い時には半分の自然薯が落第となります。)
農家にとって、せっかく育ってきた作物の根を抜き、これ以上育たないようにするこの作業はとても酷だと思います。
でも、よりすぐりの種だけを残すためです。

〇11月育った種(むかご)を採取。
これを県内の自然薯研究会会員さんに配り、それぞれの畑で2年目となる種薯を育てます。

この間、雄一君の作業・そして気苦労は計り知れません。みんなに配るためのむかごができなかったという夢を何回もみるんだそうです。

◎細心の注意を払ってくれている。
・網室内(育てている部屋:風で葉がこすれて傷がついたり、病害虫から防ぐために、網で覆われた部屋で育てます)
に菌を外部から入れたくないので、この部屋に入るのはきれいな服を着て、ほかの作業を始める前、朝いちばんにしか入らない。

・日々の様子を見ながら、状態をチェックします。(自然薯と対話してるよう)

・(むかごは空気中の水分が多いほどできやすい傾向があるため)毎朝一定時間、必ずスプリンクラーで散水する。
などなど。

こうしてようやくできた自然薯の粘り・香りを選抜する作業が行われました。

植付150本⇒掘り出71本(夏場に葉の段階で選抜され、実際に自然薯として掘り出したのは半分になりました)

さらにこれらを「粘り・香り」で選抜し、良いものだけ(花丸・合格)をこの春に植え付けます。


県の農林事務所・農林技術研究所の皆さんにも毎年同席してもらい、この取り組みをお伝えします。

研究機関・生産者(自然薯研究会)・飲食店と畑からとろろ汁までの関係者が
同じテーブルで意見できる関係性はとてもありがたいことです。

ここからさらに双方で対話を重ね、
より良い静岡県の自然薯作りに取り組んでいければと思います。

静岡県自然薯研究会のみなさん
左:(副会長)杉田さん  中:(会長)松下さん  右:(種の管理)中嶋さん

香りが自慢の静岡県が誇る在来自然薯。
とろろ汁になるまでは、このような多くの手間暇を思いを持った生産者さんの苦労があります。

その思いとともに、この自然薯を丁子屋としては応援し、
お客様に最高の一杯を責任をもってお届け続けたいと思います。

むかご焼酎仕込みました♪

お料理について


ご縁いただき、廃棄処理していたむかごを提供し、焼酎を仕込んでいただいている杉井均之介社長

https://www.facebook.com/people/%E6%9D%89%E4%BA%95%E5%9D%87%E4%B9%83%E4%BB%8B/100012821190991

杉井酒造
http://suginishiki.com/


左:蔵人頭の石橋さん 中:柴山 右:陶芸家杉村さん(今回のむかご焼酎のお話しはこの杉村さんからお誘いいただきました)そして光洋冷機相談役笹本さんもご縁をつないでくれました。
ありがとうございます。


処分していたむかごを農家さんの協力で300キロ集めました。
ふかし➡つぶし➡酒母(しゅぼ:こうじに水と蒸し米とをまぜ、酵母を加えて培養したもの。酒造では酛(もと)という。
出典 小学館デジタル大辞泉について)


出来上がりは6月です!


「もったいない」から始まった今回の焼酎造りですが。
実はここからがもう一つの大きなプロジェクト。

杉村さん
実は焼酎造りで残った酒かすを使い、堆肥造りに取り組んでます。

こちらがむかごの酒かす。
堆肥造りは次に続きます。。。。

そしてこの焼酎。
他のとろろ汁を扱っているご縁のある飲食店さんにも協力していただき、
数に限りはありますが、レストランができるあらたな生産者支援にもなればなと思っています。

自然薯圃場視察2018秋

自然薯のこと

毎年行われる収穫前の自然薯生産者圃場視察。

先日の台風の影響を大きく受けていました。

被害1、収穫量の減少
ツルが切れたりして、成長が止まってしまう。(本来は11月なかばまで大きくなり、葉が落ちた後、土中で熟成期に入ります。)

被害2、経費増加
強風の影響で曲がったパイプなどは使えなくなるので、本来なかったはずの支出が発生する。

被害3、片付けの仕事が増える
本来ないはずの復旧作業で、余計に時間を使う。

これが一番辛いかも

被害4、精神的ダメージ
一年かけて大事にしてきた畑が一夜にしてこの姿に。

高い金額でちゃんと評価してあげるのが直接的な支援ですが。
レストランとしては原価高騰という反面も。


その他、こうした圃場視察会を開いたり、自然薯の羊羹など、とろろのアイテムを増やすことでその需要を増やすなど。
でもお互い、なくてはならない存在。

できる範囲内でそのバランスをとりながら、これからも応援していきたいと考えています。

丁子屋営業状況

4月23日(火曜)
通常通り営業致します。
11:00〜19:00(お昼休憩なし)

24,25(水、木曜)
お休みとさせていただきます。
ご了承ください。



【4〜5月の連休について】
・4/26〜5/7
お休みなく営業いたします。
※5月7日(火)は15時閉店とさせていただきます。
※繁忙期のためお席のご予約は基本的にはお受けしかねます。


【椅子テーブル席100席増設しました】
安心してお食事いただけるようになりました。

第21回とろろ寄席
5月17日(金)
昼席14:00〜 夜席19:00〜
早割¥2,200
前売¥2,500
当日¥2,800

2018.5月〜2019.4月
【丁子屋浮世絵展】
「#宿場なう」
➡https://www.chojiya.info/blog/post-1030

トップに戻る