丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 自然薯のこと
カテゴリー:自然薯のこと

ケンミンショーご覧いただきありがとうございます。

静岡の面白いとこ

秘密のケンミンショーをご覧いただきありがとうございます。

 

丁子屋を知っていただけたことはもちろん嬉しいですが。

静岡=自然薯とろろ汁

ということを知っていただけたことはもっと嬉しいです!

 

これをご縁に、

ぜひ静岡県のとろろ、自然薯を楽しんでみてください。

 

 

ということで、

店名だけですがとろろ汁や自然薯を扱っているお店をご紹介します。(順不同、敬称略)

それぞれに独自の個性で表現されてます。

いずれ「静岡とろろマップ」とか「静岡とろろサイト」のようなものでまとめて情報をお届けできる日が来ればと思います。

 

まずは丁子屋の地元から

<静岡市丸子地区>

1.渓月

2.一松園

3.若松

4.待月楼

5.満里古茶屋

6.匠亭

7.道の駅「宇津谷」

8.丁子屋

 

<県内その他の地域>

9.とろろ屋トトロ(牧之原)

10.トロロ屋(浜松)

11.仙の坊(袋井)

12.本丸(掛川)

13.まぜもぜ空(藤枝)

14.懐石遊膳 椿(静岡)

15.旬膳処 茶目(御殿場)

16.お食事処 三條(御殿場)

17.東名高速道路 牧之原サービスエリア(牧之原)

18.てん吉(菊川)

19.中里の庄 和(藤枝)

20.たわら屋(菊川)

21.アクティ森かわせみ(森町)

22.ふく田(沼津)

23.椎の木茶屋(掛川)

24.和食処 大松(掛川)

25.大和田(掛川)10〜5月中旬

26.割烹旅館 八百甚(要予約)

27.道の駅「掛川」

他にも多数

 

◎民間での食べ方のご紹介

★地域性がある

★他県では味噌汁ではなく、出汁、醤油などで味付けしてるが、

静岡県では地域で取れる食材を生かした出汁で味付け。

全体としては白味噌仕立て(下記出汁で味噌汁を作り自然薯(山芋)を伸ばす)

○静岡市かつおだし

○静岡以西サバ、ボラ、ワタリガニ、

○山間部→干し椎茸、鮎

○西伊豆塩カツオ、アジ

自分が知らないだけで、まだまだ他にもあると思います。県内その土地土地のとろろ汁を楽しんでいただけたらと思います。

 

生産者の中ではシーチキンというパターンも!

 

県内にはこれだけの飲食店と、

そこに提供する自然薯生産者がいます。

 

 

ここからは数字データ(個人調べ)

◎栽培本数/面積

静岡県自然薯研究会 約337,350本/916.6a

JA静岡 藁科  約75,000本/21.4a

その他個人   約12,000本/3.4a

<合計> 424,350本/941.4a

 

1本平均400gとすると169,740kg

1kg¥2,000とすると¥339,480,000

 

 

まだまだ他の作物と比較すると規模こそ大きくはありませんが、

若い生産者も増えつつあり

➡︎最年少23歳!(写真左)

これからが楽しみです♪

 

あと、自然薯についてはこちら⤵︎

NHK「ためしてガッテン」

先日放送があり、山芋と呼ばれる仲間の中では自然薯が一番レジスタントスターチ(難消化でんぷん)が多く含まれるとか。

 

丁子屋的には

「だから400年続きました」って言いたいですね(笑)

 

 

 

 

最後になりましたが、

自称「静岡県はとろろ県」の取り組みをご紹介します。

 

静岡県はとろろ県①

→生産者

静岡県自然薯研究会の取り組み

 

静岡県はとろろ県②

→地元小学生

2/23丸子宿場祭りにて地元小学生によるコラボ企画「丸子の魅力を発信しよう」

牧之原市小学生がプロの品評会で二等受賞!

静岡県はとろろ県③

→大人の新しいチャレンジ

大人も連携!用宗アカモク×丸子とろろ

 

 

いろんな可能性がまだまだ広がりつつあります。

静岡のとろろ、自然薯を今後ともよろしくお願いします。

 

 

そして、ぜひ静岡に遊びにいらしてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

柴山広行

 

<情報協力>ありがとうございました。

なかじま自然薯園さん、掛川市観光協会さん

 

 

#秘密のケンミンショー

#静岡県はとろろ県

#自然薯

#むかご

#静岡県自然薯研究会

#静岡の自然薯は香りが強い

#在来自然薯

#用宗アカモク

#静岡市

#掛川市

#藤枝市

#牧之原市

#浜松市

#沼津市

#御殿場市

#袋井市

#しずまえ

#丸子

静岡県はとろろ県③大人も連携!用宗アカモク×丸子とろろ

静岡の面白いとこ

子どもチームも頑張ってますが、(小学5年生×丸子活性しよー会

 

今年は大人も「ONE TEAM」になってきました。

 

しずまえ振興協議会において用宗アカモク×丸子とろろが実現します。

 

そもそもしずまえとは・・・

静岡市の前浜(駿河区石部~清水区蒲原)のことです。静岡市には、用宗漁港、清水港、由比漁港の3つの港があります。ここで水揚げされる魚介類を「しずまえ鮮魚」といいます。

静岡市HP(しずまえってなに?のサイトへ)

そもそもアカモクとは・・・

アカモクは北海道東部を除き、日本全土に分布している海藻です。また、海外にも広く分布している海藻です。でも、あまり知られていないスーパーフードなんです。

協力企業GOLD BLUEさんHPより

 

で、

用宗の漁師さん「このアカモクを使って何とか活性化したい」という会議の場で

「じゃあ丸子のとろろ屋さん7店舗で使ってもらうようにお願いしてみましょう」と言うことになり

 

丸子のとろろ屋さんにとっても、

7店舗が同じテーブルにそろうというのは実は全くの初めて!

用宗アカモクのおかげで丸子のとろろ屋さんもつながっちゃいました!

 

実は丸子には7軒のとろろ屋さんがあります。
道の駅でも自然薯を使った料理出してるので合計8軒!(これもあまり知られてない!)

 

 

2019年12月31日静岡新聞さん掲載

 

 

とはいえ、

・アカモクって何? から始まり

・食べたらどうなるの?

・いつとれるの?

・それっておいしいの?

 

という使い手としてはこんなレベルからの始まり。

 

 

方や漁師さん自身も手探りなので

・どのくらいの量が採れるのか、

・提供するのにどのくらいの時間と手間暇がかかり、

・商品としていくらでそんな状態で渡せるのか?

 

同じくこんな状況。

 

でもみなさん「やってみない???」というところは、奇跡的に共通していました!

左から静岡市漁業水産課山本さん・岡村さん、駿府匠宿勝山さん(いつも場所の提供ありがとうございます)、待月楼八木さん、渓月永野さん

GOLDBLUE川崎さん・森さん、丸子まちづくり協議会近藤理事長

作り手(GOLDBLUEさん)と使い手(丁子屋)

それぞれの取組。お互い情報共有を重ねながらお互いの経験値をシェアしていきます。
(アカモクジェラート:GOLDBLUEさん提供)

 

 

以下販売はこれからです。

3~4月あたり、丸子用宗の参加店舗により試食会が行われる予定です。

正式な期日は決まり次第お知らせします!

 

 

今までの参加店・協力店(順不同)

≪丸子地区≫
待月峰さん・渓月さん・(駿府匠宿内)匠亭さん・満里古茶屋さん・一松園さん・若松さん・宇津ノ谷道の駅/天神屋さん・丁子屋

≪用宗地区≫
幸八さん地魚おおいしさん、Sarry,sCafeさん、マルカイさん

≪アカモク≫
おいしい産業さん、GOLDBLUEさん

≪応援≫
静岡市(しずまえってなに?のサイトへ)

 

 

アカモクしんじょう(匠宿匠亭さん提供)

しずまえ漬け(丁子屋提供)

むかご入りあかもくさつま揚げ(丁子屋提供)

 

#静岡県はとろろ県

#用宗アカモク

#丸子とろろ

#自然薯

#しずまえ

#静岡市

自然薯泥棒の被害

自然薯のこと

まずは先日行われた静岡県自然薯研究会品評会。

年に一度の本気の自然薯コンテストです。

その様子はこちら⤵︎

静岡県はとろろ県

 

1位に輝いた方。

 

実は丁子屋にも出荷してくれてる方でした!おめでとうございます。
そうじゃなかった皆さんも例年になくハイレベルな品評会で、自分が知ってる限りでは確実にここ10年で全体的な品質は上がっています。

 

 

そして今回驚いたのが

萩間地区(牧之原)の生産者が熱心に指導している小学生の作品が見事2位になったこと!

プロの中でも負けず劣らずのこの結果。

将来の自然薯生産者の卵です♪

 

 

で、

本当は1位の方のお名前も公表したいくらい嬉しかったのですが。

 

 

 

下の写真をご覧ください。

実は品評会の直後、受賞者の畑が泥棒に荒らされました。

 

40~50本の被害だったです。

1年間、毎日のように畑に出向き苦労して育ててきた大切な自然薯です。

みなさん収穫の時をどれだけ楽しみにしているか。

 

 

 

それがこのありさま。

朝発見した時には本当に悔しかったと思うし、どうしようもない感情が込み上げたことと思います。

 

今回だけではなく、他の生産者からもこうした被害報告は受けたことがあります。

 

 

今回あえてお伝えすることでどうかこの事実を皆様に知っていただきたいし、

心当たりのある方には二度とやってほしくありません。

 

 

被害額もそうですが、生産者のみなさんは赤ちゃんを扱うように、本当にやさしく自然薯を手に取ります。

 

一年かけて、、、

種芋から換算すると3年かけて育てています。

 

 

ようやくできたその自然薯のこんな姿は誰も望んではいません。

 

 

どうかやめていただきたい。

 

 

盗まれた自然薯は自宅で食べきれる量ではありません。

もしかしたら販売しているのかもしれません。

 

 

このことを知ったら、

お客様が食べてる自然薯が実は盗まれたものだと知ったら。

 

 

誰一人幸せになってませんよね。

お願いだから二度とこのようなことはしないでいただきたいです。

 

 

丁子屋営業状況

4月5日(日)
11:00〜15:00

○諸般の事情により4月末までは
土日祝も15:00閉店とさせていただきます。
一刻も早い収束をお祈りします。

○マスク着用、換気・アルコール消毒へのご協力、席の間隔をあけてのご対応など、できる限りのご対応にご理解、ご協力よろしくお願いします。
(全スタッフに毎朝、出勤前の検温をおこなってます)

【非常時につき臨時メニューでのご対応にご協力お願いします】
※定食メニュー変更
丸子→松、本陣→竹、府中→梅
夫婦とろろ、百福、満福はお休みです。
※焼き物(焼きとろ、卵焼き)のご提供は休止させていただきます。


【椅子テーブル席100席増設しました】
安心してお食事いただけるようになりました。

トップに戻る