丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ

12月21日拝郷メイコさんライブ「トシノセツーリスト2019 in 静岡」

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

「トシノセツーリスト2019 in 静岡」

2019年12月21日(土) 会場:東海道丸子宿 元祖 丁子屋

 

OPEN 16:00 / START 17:00
料金:¥6,000-(ライブチケット3,500円&とろろ汁御膳&1ドリンク付き) ※毎年恒例年賀状特典付き

☆チケット購入お申し込み方法
拝郷メイコオフィシャルWEBサイトにて受付
http://www.haigoumeiko.net

【トシノセツーリストとは】
 
2009年に愛知から始まった、次の年の開催地をジャンケン大会で決める
拝郷メイコ、年の瀬恒例の弾き語りワンマンライブ!
愛知~滋賀~香川~京都~神奈川~愛媛~徳島~沖縄~長野~新潟と来て、
今年は静岡!

今回の会場となります「東海道丸子宿 元祖 丁子屋」さんは創業慶長元年(1596)、
十返舎一九の「東海道中膝栗毛」や歌川広重の「東海道五十三次」にも登場する
とろろ汁の名店です。
静岡県一の老舗で店内に歴史資料館もあります。
歴史の息吹を感じながら美味しいとろろ汁を召し上がっていただき、
ライブをお楽しみください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆チケットご購入の流れ
1.拝郷メイコオフィシャルWEBサイトトップページのinquiry(お問い合わせ)をクリック
2.チケットに関するお問合わせ・購入申し込みはこちらをクリック
※下記アドレス宛にお送りいただいても結構です。
info@haigoumeiko.net
その際の件名は「チケットに関するお問い合わせ」でお願い致します。
3.公演名・購入希望枚数・本名・チケット送付先ご住所・ご連絡先電話番号を明記の上、送信してください。
4.指定銀行口座へチケット代金お振込(恐れ入りますが振込手数料をご負担下さい)。
5.入金を確認出来次第チケットを発送致します(恐れ入りますが送料120円をご負担下さい)。

※スマートフォン、携帯メールでお申し込みの方はセキュリティ設定をご確認ください。
設定によりこちらからの返信が届かない恐れがあります。
また、パソコンメールの場合も迷惑メールフォルダに移送などの事例がございました。
遅くともお申し込みの翌日にはご案内の返信メールをお送りして居りますので、
3 日経過後も返信が届かない場合は何らかの不具合が生じている可能性がございます。
その際はお手数をお掛けしますがご一報いただければ幸いです。

 

 

拝郷メイコさんHP
http://www.haigoumeiko.net/

7thアルバム「ホシモノト」視聴動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=FH8zq-EB8UU

最新情報はスタッフさんツイッターより↓
https://twitter.com/haigou_staff

 

写真は下見の際に丁子屋茅葺前にて拝郷さんと。

8月歌舞伎座にて「 Y J K T 」登場!さらに「とろろ羊羹」も販売中!

東海道のこと

まずはご覧ください!

まちがいなく現代でもかぶき続けていらっしゃいお二人。

 

そんなお二人の最新版「東海道中膝栗毛」が8月納涼歌舞伎にて上演中。
https://www.kabuki-bito.jp/news/5664

 

 

そしてその会場のおみやげコーナーでは↓

静岡が誇る街道名物、「やまだいち」さんの安倍川餅にならび数々の宿場名物。

そしてこの度

丁子屋の「とろろ羊羹」も扱っていただくことになりました。

 

さらに嬉しいのが

 

その左右に並んでいるのは「#宿場なう」でも登場していただいた
三重県関宿「深川屋」さんと愛知県岡崎宿「備前屋」さん

今も変わらず愛され続ける街道名物の中で、
当店の新商品を並べていただき嬉しいです。

 

 

ある意味、この「#宿場なう」メンバーもそれぞれの地域で傾いてらっしゃる皆さんなのかもしれませんね!

連休の長旅にも、道中安全のお札をどうぞ

丁子屋のなかのこと。

いよいよお盆の大型連休が始まります。
目的地に向けて安全運転で楽しい旅をしていただきたいものです。

 

 

そんな願いを込めて
当店でお配りしているのはこちら「道中安全札」。(右)

 

 

実は

その元ネタは当時のガイドブック(宿の案内)の裏表紙にあるデザインなんです。(左)

こちらが表面。

浪花講とは・・・

江戸時代後期には、旅が盛んになり、街道筋には旅籠も増えてくるが、一人旅の宿泊を断る宿や、飯盛女を置く宿なども多く、安心して泊まれる宿選びに難儀する人も多かった。

 大坂玉造で、綿打ちのための唐弓の弦を商っていた松屋甚四郎の手代源助は、諸国を行商していたが、誰でもが安心して泊まれる旅籠の組合をつくることを思い立ち、文化元年(1804)、旅宿組合「浪花組」を結成した。松屋甚四郎が講元、まつ屋源助が発起人となり、三都にそれぞれ世話人を置いた。(「浪花組」は、天保12年(1841)には、名称を「浪花講」と変更している。)

 全国主要街道筋の真面目な優良旅籠を指定し、加盟宿には目印の看板をかけさせるとともに、旅人には所定の鑑札を渡し、宿泊の際には提示するようにした。

大阪府立中ノ島図書館HPより

https://www.library.pref.osaka.jp/nakato/shotenji/43_kou.html

 

つい先日、とても嬉しいことがありました。

 

それは、

ふと信号待ちの列に並ぶとその前の車には・・・

 

 

 

 

すみません、思わず写真撮っちゃいました。
本当嬉しかったです。ありがとうございます。

 

これシールにしたらスーツケースとかにいいかもな?と思いました(^_^)

 

 

こちらは箱根の甘酒茶屋さんちの道中安全札。

 

13代目の山本さんが作ってくれてます。
街道沿いのお店が作った札を、旅をしながら集めていくのも楽しいかもしれませんね。

 

バス停にまで名前が入っている甘酒茶屋さん。
いつもお世話になっております。

 

東海道沿いにある茅葺は丁子屋とこの甘酒茶屋さんと、滋賀県草津宿のうばがもちやさん。
(屋根自体は別の材料で覆われていますが、実は茅葺だということを先日会長さんから教えていただきました。)

現在自分が把握してるのはその3軒です。

 

丁子屋営業状況

10月19日(土曜)
11:00〜19:00(ラストオーダー)
途中休憩はありません。

【営業時間】
◎平日:月〜水曜日のみ
11:00開店〜15:00ラストオーダー
(14:30以降はお米がなくなり次第終了となります。)
◎金・土・日・祝・繁忙期
11:00開店〜19:00ラストオーダー
(18:30以降はお米がなくなり次第終了となります。)


【11/15 とろろ寄席(23)】
~ひと足早めの笑いのお歳暮~編】
◇日時:2019年11月15日(金)
昼席14時開演/13時半開場
夜席19時開演/18時半開場
チケットはこちらから
https://motshowten.theshop.jp/items/3548191


【椅子テーブル席100席増設しました】
安心してお食事いただけるようになりました。


2018.5月〜2019.
【丁子屋浮世絵展】
「#宿場なう」
➡https://www.chojiya.info/blog/post-1030

トップに戻る