丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > イベントレポート > 伊藤和也さんが伝えたこと。伝えたかったこと。

伊藤和也さんが伝えたこと。伝えたかったこと。

イベントレポート

アフガニスタンについての報告会&伊藤さんご両親座談会2018.8.27
当日のお話の内容をメモ書きではありますが、こちらでお伝えします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カレーズの会レシャードカレッド理事長のお話しより

アフガニスタンは1次、2次世界大戦には参加してない
学校は無償
内戦時代に識字率の低下

ソ連軍の侵攻
→インド洋への進出
10〜13万人の軍隊が停滞
▶︎アメリカ、ヨーロッパ諸国が一般人に武器を与える→ロシアに抵抗するための軍備
▶︎山々を焼き払う
→緑がなくなる、雨が降らなくなる

ロシア撤退のその後
▶︎生活資金がない民衆は武器を持ち、武装化


戦争の犠牲者
1979〜1989ソ連軍の侵攻
アフガニスタン人150万人
ソ連軍3万5,000人

ソ連軍撤退後の内戦
50万人

上:レシャード先生の子供の頃のアフガニスタンの写真。
下:戦争でうしなってしまった


戦争で失ったもの

カレーズの会の活動
カレーズ(地下水脈のこと。目立つことなく、人々に寄り添う)
医療と教育の充実
学校の建設

働く子供達
日本0.4%
アフガニスタ29%


感染症が多い
結核が多い

アフガニスタン→70%が農業従事者
伊藤さんご両親によるなの花基金
→学校、下宿舎
→農業重機

ペシャワール会
2018.2月アフガニスタン大統領より最大の勲章を与えられる。

~~~伊藤さんご両親のお話しより~~~
出発の2週間前に知らされた。
母親から逃げて、追いかけてこれないようなアフガニスタンに行った。
日本に帰国した時は種苗店で種を買ったりしていた。
年2〜3回連絡があった。
この10年間は和也さんのことを封印していた。
➡お孫さんができるなど、和也さんの弟、妹の成長のお陰で今の私(お母さん)がある。

【ペシャワール会について】
事件後、和也さんの志望動機をみてその思いを初めて知る。

【アフガニスタンに何が必要か??】
レシャード先生→関心を持ってもらいたい。
お父さん→平和になってもらいたい
お母さん→アフガニスタンを嫌いにならない。ということが自分の務め

【現実】
麻薬の栽培も行われている。
▶︎次の時代のためにも、緑豊かな国に戻したい
▶︎資源の奪い合いのない国
ペシャワール会「緑の大地計画」により人々が戻ってきている。難民200万人が帰国している。

【アフガニスタンの女性】
旦那、息子を戦争に送り出す。
子供を育てる。
一生懸命生きている女性。

【アフガニスタンの少年】
平和を知らない
→戦争で死ぬことは名誉、栄誉なこと。

【中村哲さん】
言葉ではなく、和也くんの心、平和のあり方。
他の国の人は銃を持ってアフガニスタンに入った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご両親は事件後初めて、公の場で、ご自身の言葉で、事件を振り返ってくれました。

和也さんを失ったことは10年たっても、またこれから何年経っても変わらないこと。

それでもよくこのイベントに参加の決意をしていただいたと思います。

和也さんのことを改めて言葉にするということが、どれだけのことか、とても大変なことだと想像できます。

それでも伝えてくれました。

これをきっかけに初めて知ったという方もいました。
NHK・朝日テレビ・静岡新聞・朝日新聞・時事通信社など多くのメディアでも取り上げていただきました。

そして、和也さんとともに生きた、写真に写るあの子供たちも大きく成長しているはずです。

ご両親が付けてくれた今回の写真展のタイトル

「アフガニスタンに緑の大地を!
~子供たちの未来にへと 種をまいて 10年~」

このタイトルの通り、この先もきっと多くの種が花開いていくと願っています。

写真展は9月25日まで行います。

丁子屋営業状況

2018年10月15日(月)
11:00〜19:00(ラストオーダー)
通常通り営業いたします。
よろしくお願いいたします。




【椅子テーブル席100席増設しました】
安心してお食事いただけるようになりました。


第十九回とろろ寄席
11月16日
昼席14:00〜
夜席19:00〜


2018.5月〜2019.4月
【丁子屋浮世絵展】
「#宿場なう」
➡https://www.chojiya.info/blog/post-1030

トップに戻る