丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 営業情報(イベントやお休みのお知らせ等) > 事業承継について②1970年との関連

事業承継について②1970年との関連

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

 

太陽の塔が作られたのは1970年大阪万博。

丁子屋と1970年とのつながりは↓

 

①広重さんの浮世絵との出会い

その会場内で先代12代目の祖父は広重さんの浮世絵を初めて見ます。ただし、丁子屋の原点ともいえる「丸子宿」はそこにはなく、わずか10数点しか展示されてなかったんだそうです。とても残念だったと本人から聞きました。

でもその後、あるバイヤーさんとのご縁で10数年かけて丁子屋に全55作品が集まってしまうことになるとは、当の本人もこの時は思ってもいなかったでしょうね。

 

②1970年(昭和45年)に茅葺き移築開始

今の丁子屋のシンボルといえば浮世絵を再現した「茅葺き屋根」。

2017年にはクラウドファンディングにて550名の皆さんからご支援いただき、翌2018年に約40年ぶりの総葺き替えを行いました。

その茅葺はそもそも、同じ丸子にあった取り壊し直前のものを移築させていただき、「広重さんが描いた風景」を現代に蘇らせることとなりました。

1971年(昭和46年)茅葺移築落成式

→実は来年2021年

この茅葺きを国の登録文化財に申請しようと考えてます。

本当は今年の秋頃予定してましたが、竣工してから丸々50年というのが登録基準にあり、それが来年にあたることがわかりました。(正確には自分が1970年には完成していたものと思い込んでいました)

 

これが実現すれば正式に

この広重さんの風景は「みんなの風景」だと言えるだろうなと思います。

クラウドファンディングの時点で、多くの皆様に共感してただいてましたが。

 

 

ということで、今日はここまで。

 

次回はもう一つ、

1970年にじーちゃんがやったことがあります。それではまた明日!

 

 

前回はこちら⤵︎

「僕が考える事業承継とは?」

#丁子屋

#とろろ汁

#14代目

#襲名

#事業承継

#静岡観光

#岡本太郎

#太陽の塔

#静岡県はとろろ県

#宿場なう

#歌川広重

 

 

丁子屋営業状況

○諸般の事情により休業延期します。
4/13〜5/31まで臨時休業させていただきます。
一刻も早い収束をお祈りします。

○自然薯&自家製白味噌
おうちでとろろセットなど通信販売しております。
詳しくはブログをチェックしてください。

トップに戻る