丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 歴史資料館・特別展 > 350年前の古〜いお触れ書き展示中

350年前の古〜いお触れ書き展示中

歴史資料館・特別展

丸子には約350年前のお触れ書きが残ってます。

当時は5代将軍綱吉さんの時代。

朝鮮からの使者(朝鮮通信使)が来るため、彼らに幕府の力を見せつけるため、1枚を2.5mもの大きさにし、各宿場に5枚ずつ掲げたそうです。

 

丸子にはこの5枚のうち3枚が残っています。東海道の宿場では多分ここだけだと思います。

そんな貴重な高札ですが、飾られる場所もなく、存在すらほとんど知られてないのが現状。それならばと毎年2月の宿場まつりに合わせて、丁子屋資料室で展示させていただいてます。

今年で3年目。

親孝行せよなどの内容の忠孝の札。

安倍川を渡る際の料金などをしました旅案内の札。

そして今回は、毒薬・にせ金禁止の札です。

 

地元の方に毎年、現代風に訳した資料も作っていただいてます。

 

展示期間は2/17〜3/28

ぜひみにきてください。

静岡市の文化財にもしてされています。

 

丁子屋営業状況

2017年11月24日(金曜)
通常通り営業いたします。
(11:00〜19:00(途中休憩なし)

26日(日)は
丸子せんねんマルシェ
9:00〜14:00
https://www.facebook.com/events/122176581831475??ti=ia

お陰様でクラウドファンディング
目標達成しました。ありがとうございます!
茅葺修復は来年2〜3月
40年ぶりの総葺き替えが始まります。
https://readyfor.jp/projects/tororotokaidochojiya

トップに戻る