丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > お料理について > その土と風で育つ。

その土と風で育つ。

お料理について

 

三島に行ってきました。

丁子屋で取り扱う沢庵の現場視察です。

 

昔ながらの製法で作り続けている箱根物産さんを訪ねました。http://hakonebk.jp/

 

 

少し前に、その土地に残る沢庵の特集で雑誌「サライ」にも掲載されたようです。

やっぱり!自他共に認める雨男ぶりをこの日も発揮してしまいました(⌒-⌒; )

本来、この雲の向こうには富士山が見えるそうです。先方のみなさんも「富士山も見えるし、伊豆半島もほとんど見えるし、夜も夜景が綺麗だし!」と、再三景色の良さを伝えてくれたんですが。

 

空梅雨だといってるのに。

雨男ぶりを発揮し、この日は電車も運転見合わせるくらいの大荒れ模様でした(笑)

 

先方の息子さんに、富士山が見える写真を送ってもらうようお願いしてきました(^ ^)

息子さんと専務さん。

右は丁子屋の佐藤店長。

 

専務さんの話より。  

冬には富士山から吹き下ろす風がある。そしてこの大地は火山灰土。ミネラル豊富なこの土地だからこそ、美味しい野菜が育ち、 この風のおかげで干し大根が出来上がる。

私はこの風景を息子たちに残したいきたい。

 

 

 

 

丁子屋と相通じるものがありました。

 

 

 

もともと自分たちとしては、本当にたまたま出かけた食材の展示会。

そこにはじめて出店してた箱根物産さん。

 

始まりはそんなたまたまの出会いからでした。

 

 

その展示会に誘ってくれた小倉屋の早川さん。商品でご縁を繋いでいただきました。ありがとうございます!

http://oguraya1946.jp/

丁子屋営業状況

3月29日(日)
11:00〜15:00
営業いたします。


諸般の事情により4月末までは
土日祝も15:00閉店とさせていただきます。
一刻も早い収束をお祈りします。


【混雑を緩和するためのご対応にご協力お願い致します。】
※定食が連休メニューでのご対応になります。
丸子→松、本陣→竹、府中→梅
夫婦とろろ、百福、満福はお休みです。
※焼き物(焼きとろ、卵焼き)のご提供は休止させていただきます。


【椅子テーブル席100席増設しました】
安心してお食事いただけるようになりました。

トップに戻る