丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 丁子屋のなかのこと。 > project421⑥ 会社を良くするミーティング「振り返ったら未来は見えた?」

project421⑥ 会社を良くするミーティング「振り返ったら未来は見えた?」

丁子屋のなかのこと。
  • MMKP(メニューをもっと見やすく改善するプロジェクト)

前回、ホールの皆さんからの意見を吸い上げました。
それを盛り込んでゼロから作ったものを提案した今回のミーティング。(厨房の新人:タケちゃんが奮闘してくれました。)

 

いろいろと習得しなきゃいけないことが多い中、頑張ってくれました。タケちゃんありがと!

 

実は彼、折り紙すっごく上手で、季節に合った作品を定期的に提供してくれます。子供たちに大人気!

 

話は戻って、タケちゃんの試作品を現場でもみ込む。

 

そして迎えた本日のMMKP。

 

金額に差が出てない?とか、
品数でこちらの方がお得?とか。

 

そんな中、このプロジェクトに助言いただいてる大谷さん(Re:Project)から

 

「ワクワクしてきてくれるお客様に対して、我々は何を表現したいんですかね?」

「そこには品数とか、お得感とか、そういうことはいらないように思うんですけど」(個人的な感想)

 

じゃあ前のお品書きってどうだったのかな?

 

全部去年他界した12代目の文字だ。

飲食税?

 

まあそんなんは今はおいといて。

 

 

この丸子ならではの地名やそれに似あった商品内容でした!

 

数字的な「モノ」から。 ここならではの「͡͡コト」という視点でのお品書きつくり。

 

 

MMKPはさらに深化していきそうです。

次回は8月29日。

トップに戻る