丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 営業情報(イベントやお休みのお知らせ等) > 9月2日茅葺修復イベント「だから茅葺きは残したい」

9月2日茅葺修復イベント「だから茅葺きは残したい」

営業情報(イベントやお休みのお知らせ等)

 

 かやぶき職人と大工棟梁に聞く『だからかやぶきは残したい!』
     &  職人さんととろろパーティー (とろろ体験)

 

Facebookイベントページhttps://www.facebook.com/events/458230731209017/?ti=icl

丁子屋では来年2018年2~3月にかけて、丁子屋のシンボルでもあるかやぶき屋根の全面葺き替え(改修)作業を行います。約40年ぶりのこの大工事。せっかくなので改修前からみんなで楽しみ、今では建てることのできないかやぶき建築のことを知ってもらおうという思いから企画しました。
先日の雨漏りも修復してくれた富士山茅葺産業 峯さん&角さん(注)すけさん&かくさんではない(笑)

 

 

実際に改修を行うかやぶき職人さんや、伝統的な在来工法を次代へ伝える大工棟梁をお招きします。丁子屋のかやぶき屋根の現状を健康診断していただいたその報告や、棟梁から見たこのかやぶき建築のすごさ、カッコよさを伝えてもらいます。

昔は山1個を買って棟梁の頭の中にある設計図に基づき「この木があの柱に使おう!」という仕事をしていたシーンを改装する杉江建設代表棟梁 杉山睦雄さま&奥様

 

 

その後、職人さんたちも混ざってとろろ汁作り。みんなですり鉢を囲んでのとろろパーティーも企画しております。(お飲み物は別途注文)

 

 修復後では見られなくなる、今のかやぶき。その下でお話を聞きながら、日本の伝統文化を体感してください。 尚、今回のふき替え改修プロジェクトはクラウドファンディングでのご支援をいただいています。皆様のご協力をお待ちしております。

 

日時 2017・9・2(土)

   15:30~18:45

(タイムスケジュール)

 15:30~17:00 茅葺職人・大工棟梁・丁子屋14代目によるかやぶき座談会

(約90分)

・丁子屋の歴史とかやぶき(丁子屋の歴史には欠かせないかやぶき屋根)

・丁子屋かやぶきの現状(これはやらなきゃまずい!)

・だからかやぶきはおもしろい!

(昔の棟梁の仕事ぶりから、かやぶきのある風景ってかっこいいかも!ってところまで。ご来場の皆様とともに「かやぶき」から未来を考えます)

 

(15分移動&トイレ休憩)

17:15~18:45 とろろパーティー (約90分)

・参加者みんなでとろろを作ります。 (別途注文ですがドリンクあります)
静岡クラフトビール「東海道エール」(AOI BRRWING)通常¥580→特別価格¥500にてご奉仕

 

 

料金   ¥2,800(込)

定員     30名

 

話し手  茅葺職人:峯 正也   ㈱富士山茅葺産業

     大工棟梁:杉山 睦雄  ㈱杉江建設

     聞き役 :柴山 広行  ㈲丁子屋

 

お問い合わせ

電話  054-258-1066 (丁子屋)

メール contact@chojiya.info

FBイベントページ 

クラウドファンディングでのご支援はこちら(7月18日~10月6日)

https://readyfor.jp/projects/tororotokaidochojiya

 

トップに戻る