丁子屋 十四代目ブログ

ホーム > 丁子屋 十四代目ブログ > 東海道のこと > 「なう」な宿場人がつながる#宿場なう

「なう」な宿場人がつながる#宿場なう

東海道のこと

丁子屋では過去2年、浮世絵をゆる~く楽しんでもらおうと、浮世絵展を企画してきました。

2016 「ボンジュール!浮世絵」

2017 「Born to be 絵師 HIROSHIGE」

 

そして今年のテーマは「東海道53次の今!」を独断と偏見で繋げるべく”宿場なう”という企画を開催中です!

来年2019年にはラグビーワールドカップ、2020年にはオリンピック・パラリンピックを控えた今年。東海道の盛り上がりを感じていただきたい!

53の宿場ではわずかとはいえ、当時から頑張っているお店や、それぞれの地域で活動されている情熱人がおられます。

 

そんなみなさんを、一ヶ月に5宿場づつ紹介していき、1年を通して55宿場を網羅する予定です。

 

 

あの有名な鑑定をしてくれる番組で、55枚全て揃いで5500万円と鑑定された、丁子屋所蔵のオリジナルの版画「東海道五拾三次」とともに展示しております。

東海道はまだまだ歴史を繋げていきますよ!

先日の茅葺完成披露パーティーでも老舗の旦那衆が東海道談義で盛り上がりました♫

見学のみでも大歓迎ですので、ぜひお気軽にお越しくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

丁子屋営業状況

2018年7月16日(月曜)
営業いたします。
11:00〜19:00(ラストオーダー)
途中休憩なし


椅子テーブル席100席増設しました。安心してお食事いただけるようになりました。

8/3〜9/25
伊藤和也写真展
「アフガニスタンの大地に緑を!
〜子供たちの未来へと種をまいて10年〜」

2018.5月〜2019.4月
丁子屋浮世絵展「#宿場なう」

6/10→7/22
丸子せんねんマルシェ
延期となりました。

トップに戻る